HOME  » 手造り蔵

手造り蔵

蔵の紹介

煉瓦造りの「手造り蔵」は、焼酎蔵と言うよりもワイン蔵を思わせるような瀟洒な佇まいを見せています。蔵の扉を開けば、一転して和の様式美を採り入れた造りに驚かされると思います。まっすぐに伸びた廊下を渡れば、麹室からかめ壷が並んだ仕込み部屋、木樽蒸留器と芋焼酎の造りをスムーズに見学できるように配置してあり、最後のテイスティング・ホールへと繋がっていきます。和と洋の伝統美を採り入れつつも、これまでの焼酎蔵のイメージを一新したその造りは、新しさにチャレンジしつづける弊社の想いを具現化したものです。

焼酎ができるまで

製麹(せいきく)

製麹(せいきく)

種麹を植え付ける米も国産米のみを使用しています。蒸した米に種麹をまぶし、総ひのき造りの麹室で四十時間程度かけて培養します。その際、種麹が均一に米に植え付けられるように手で丹念に撹拌します。近年では、手間と熟練の技がいる麹造りも機械化が進んでいるようですが、弊社では昔ながらの手作業で麹を育てています。私たちは子供を育てるように、麹造りも手間暇をかけ愛情を注いで育てることが大切だと考えています。『旨い焼酎を造りたい』。その思いを込めて手入れ撹拌する、手間を惜しまず丹念に育てることにより、やがて生まれてくる原酒にも最大限の喜びを感じることができるのだと思います。私たちは、これからも手造りにこだわりつづけます。

さつま芋へのこだわり

さつま芋の朝掘り画像

生のさつま芋は保存がきかず傷みやすいため、芋の収穫期だけしか芋焼酎を製造することはできません。弊社は、新鮮な穫れ立てのさつま芋だけを使用しており、契約農家で栽培された良質なさつま芋だけを原料としています。新鮮なさつま芋をさらに手作業で雑味の原因となる両端と傷んだ箇所を惜しげもなく切り取ります。主原料となる新鮮なさつま芋をいち早く蒸し、芋の旨味を最大限に引き出すことが、本当に旨い芋焼酎を造り出すには欠かせないことだと弊社は考えています。生ものの農作物であるさつま芋だからこそ、品質と鮮度を重視した造りにこだわりつづける。本当に旨い芋焼酎を生み出すために、本物の芋焼酎を味わっていただくために、私たちはこれからも原料となるさつま芋に細心の注意を払いつづけていきます。

かめ壺仕込み

かめ壺仕込み

現在ではほとんどの蔵が、一次・二次仕込みの醪(もろみ)造りをタンクで発酵させていますが、弊社の芋焼酎は昔ながらのかめ仕込みで醪(もろみ)を仕込んでいます。かめ内部の表面には微細な窪みが無数にあり、使えば使い込むほどそこに蔵付き酵母やその他の微生物が棲み付きます。それがかめ仕込みならではの独特で複雑な香味を生み出しているのです。確かにタンク仕込みよりも生産性は劣るかもしれませんが、私たちはかめの持つ人知を超えた不思議な力を大切にしたいと考えています。発酵を促すための温度調節も人の手で櫂を入れ、それぞれの醪(もろみ)の状態をしっかりと見つめているからこそ、一つ一つのかめの個性が生かされるのだと思います。どんな醪(もろみ)に育てるか。それは、造り手の技量ひとつで決まる。あたかも「武道にも似た真剣勝負の世界」と言えるかもしれません。

蒸留

蒸留

蒸留のしくみを簡単に言うと、蒸留糟のもろみに制蒸機から蒸気が吹き込まれ、もろみは 回転しながら蒸留され気化したアルコールは冷却糟のなかの蛇管をゆっくりと下りながら液化してゆきます。この蛇管も昔はよく錫製が使われていました。錫は熱 伝導が良く、しかもイオン効果も高いため酒質がまろやかに円熟すると言われています。これは錫の分子構造が粗いために不純物をよく吸収しマイナスイオンを発生することによると考えられています。しかし錫は柔らかな素材のため機械加工がむずかしく職人の手によってその技術が伝承されるため、現在では錫製蛇管の技術者もほとんどいなくなりました。私たちはこうした匠の技も焼酎文化を支えてきた重要な要素の一つだと考えています。蒸留は造り手の技を生かす最後の仕上げとも言えます。木樽と錫蛇管という旨い焼酎造りを追求した先人たちの技を生かし、現代の技術と融合させることにより必ずや上質な原酒は生み出されるものと私たちは信じます。こうして生まれた原酒は熟成という時の流れの中で、さらに旨さが磨き込まれていくのです。

見学のご案内

「手造り蔵 Art of Shochu」は、どなたでもご見学いただくことができます。
団体のお客さまはもちろん、お一人様でも、スタッフが蔵内をご案内し、焼酎造りについて丁寧にご説明させていただきます。さつま芋の収穫時期である秋には、実際の仕込みの様子もご覧いただけますので、ぜひ足をお運びくださいませ。
新平酒造スタッフ一同、皆さまのお越しをお待ち申し上げております。

「手造り蔵」見学のご予約・お問い合わせ
TEL:099-476-0024(新平酒造株式会社)
E-Mail:info@shinhira.co.jp

新平酒造株式会社周辺地図

» Google Map はこちら

▲ Page Top

  • 大金の露
  • 金計佐
  • 手造り蔵
  • 企業情報
    • 企業情報−会社概要−
    • 企業情報−沿革−
    • 企業情報−企業理念−
    • 企業情報−環境への取り組み−
    • 企業情報−品質への取り組み−
オンラインショッピングご購入はこちらから
飲酒は二十歳になってから。美味しく適量を。飲酒運転は法律で禁止されています。妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に影響する恐れがありますので気を付けましょう。